AUTODESK

Autodesk MFG Online

 関連製品

導入事例

WHILL が最新テクノロジーで追求する 次世代のパーソナル モビリティ

WHILL が最新テクノロジーで追求する 次世代のパーソナル モビリティ

WHILL 株式会社

重量物移動装置の設計開発と移動作業の確認にFusion 360 を活用。常に危険のともなう重量物移動業務の安全性と効率性を大きく向上。

関連製品: Fusion 360

Autodesk Fusion 360 が実現した重量物移動の歴史的革命

Autodesk Fusion 360 が実現した重量物移動の歴史的革命

株式会社北日本重量

重量物移動装置の設計開発と移動作業の確認にFusion 360 を活用。常に危険のともなう重量物移動業務の安全性と効率性を大きく向上。

関連製品: Fusion 360

3D で作り出す斬新な 2D グラフィックス

3D で作り出す斬新な 2D グラフィックス

相樂園香様

平面デザインは 2D グラフィックスソフトから生み出すもの。そんな固定概念を払拭し、新しいデザイン表現を追求し続けるのが、メイカー/ファブリケーションディレクターの相樂園香さんだ。Fusion 360 を駆使する彼女の手にかかれば、“3D to 2D”の新しいグラフィックスが生まれる。そんな彼女は 3D ものづくりとどう出会い、Fusion 360 のどこに惹かれたのか。

関連製品: Fusion 360

ジェネレーティブデザインで設計した救命ドローン

ジェネレーティブデザインで設計した救命ドローン

小笠原設計事務所

これまでにない有機的なデザインが印象的なレスキュードローン「X VEIN」。被災地での行方不明者捜索や人命救助に役立てたいという想いを、3D の力を使って形作ったものだ。生み出したのはデザインエンジニアの小笠原佑樹さん。
「Fusion 360 だからこそ実現できた」理由とは何か。

関連製品: Fusion 360

金属部品メーカーが 3D で新たなビジネスを創造

金属部品メーカーが 3D で新たなビジネスを創造

株式会社キャステム

自由自在に 3D データを造形できるモデリングツールと3D プリンタの登場は、個人のメイカーだけでなく既存の製造業にも大きなインパクトを与えた。老舗の金属部品メーカーが「Fusion 360」で生み出した新たなヒット商品とは。

関連製品: Fusion 360

Autodesk Fusion 360 で実現する、マイクロものづくり

Autodesk Fusion 360 で実現する、マイクロものづくり

VIE. STYLE 株式会社

鎌倉市に拠点を置くスタートアップ企業のVIE. STYLE 株式会社は、現在、さまざまな人たちの耳孔にフィットするワイヤレスイヤホン「VIE FIT(ヴィー・フィット)」のクラウドファンディングプロジェクトで注目を集めている。

関連製品: Fusion 360

2018.02.22

Autodesk Fusion 360 だからできる、安全性と外装デザインの魅力を兼ね備えた 知育玩具の開発

Autodesk Fusion 360 だからできる、安全性と外装デザインの魅力を兼ね備えた 知育玩具の開発

株式会社タカラトミー

株式会社タカラトミー(以下タカラトミー)といえば、老舗の玩具メーカーとして世界に広く知られる存在だ。同社の主なブランドには、1959 年誕生の鉄道玩具「プラレール」、1967 年誕生の着せ替え人形「リカちゃん」、1970 年誕生のミニカー「トミカ」などがある。

関連製品: Fusion 360

2018.01.25

Fusion 360 だけで設計された、次世代のオフィス・住宅の安全管理を実現するスマートロック<Akerun Pro>

Fusion 360 だけで設計された、次世代のオフィス・住宅の安全管理を実現するスマートロック<Akerun Pro>

株式会社フォトシンス

IoTによる新製品が各社から次々と発表されるなか、従来の「鍵」分野でも新たな製品が続々と登場している。中でも、パソコンやスマホなどインターネットにつながる機器から鍵の開け閉めができる「スマートロック」というジャンルは注目株のひとつ。今回紹介するのは、株式会社フォトシンスの〈Akerun Pro〉という新しいプロダクトだ。

関連製品: Fusion 360

2018.01.17

短期間で真にイノベーティブな製品を<br>柔軟かつスピーディーなデザインプロセスとは?

短期間で真にイノベーティブな製品を
柔軟かつスピーディーなデザインプロセスとは?

株式会社 日南

2017 年 1 月、米国ラスベガスで開催された世界最大規模の家電見本市「CES」。4,000 社もの企業が出展し、160 カ国から 18 万人もの来場者が集まるなか、12 年に設立された米国のオーディオメーカー、クリア社はホテルのスイートルームで新製品のプロトタイプを発表した。デザインプランニングは同社デザイン部を率いるアレックス有江氏。デザインを手がけたのは日南のデザインディレクター、岡 広樹氏。どちらもソニーの元デザイナーである。……PDFで続きを読む。

関連製品: Fusion 360

2018.01.11

製品開発プロセスに必要なモノが 「なんでもある」Fusion 360 を軸にものづくりは新たなフェーズへ

製品開発プロセスに必要なモノが 「なんでもある」Fusion 360 を軸にものづくりは新たなフェーズへ

合同会社 GENKEI

中学時代から CG ツールを使いこなしていたという加藤大直氏は、ニューヨークで工業デザインを学んだ後、現地の建築デザイン事務所に就職。Autodesk Alias、Autodesk 3ds Max、Autodesk Maya をはじめ、さまざまな 3D ツールの経験を持つ加藤氏は、Autodesk Fusion 360 がリリースされた当初からのユーザーでもある

関連製品: Fusion 360

2018.01.05

 

資料ダウンロード

Autodesk Fusion360 セキュリティホワイトペーパー

関連製品:  Fusion 360

ダウンロード[432 kb]

WHILL が最新テクノロジーで追求する
次世代のパーソナル モビリティ

関連製品:  Fusion 360

ダウンロード[543 kb]

Autodesk Fusion 360 ユーザー事例集( 5 社掲載)

関連製品:  Fusion 360

ダウンロード[2 MB]

Autodesk Fusion 360 が実現した
重量物移動の歴史的革命

関連製品:  Fusion 360

ダウンロード[714 kb]

3D で作り出す斬新な 2D グラフィックス

関連製品:  Fusion 360

ダウンロード[451 kb]

ジェネレーティブデザインで設計した救命ドローン

関連製品:  Fusion 360

ダウンロード[459 kb]

金属部品メーカーが 3D で新たなビジネスを創造

関連製品:  Fusion 360

ダウンロード[520 kb]

ものづくりは変わった。ツールも変えよう
Autodesk Fusion 360

関連製品:  Fusion 360

2019.01.10

ダウンロード[705 kb]

どうなる? 3 年後の CAD 環境。避けて通れない、3D CAD の技術習得。

関連製品: 

2018.04.18

ダウンロード[735 kb]

Autodesk Fusion 360 で実現する、
マイクロものづくり

関連製品:  Fusion 360

2018.05.02

ダウンロード[529 kb]

 

ムービー

失敗しない3次元CAD選びのポイントとInventor を活用することで出来る作業の効率化【実践編】

失敗しない3次元CAD選びのポイントとInventor を活用することで出来る作業の効率化【実践編】

※こちらは2018年12月12日に開催したオンラインセミナーの動画です。
【第2回】機械設計 3 次元 CAD の INVENTOR で出来る!3次元 CAD アレルギー解消法【実践編】
 ~失敗しない 3 次元 CAD 選びのポイントと Inventor を活用することで出来る作業の効率化~
本動画ではオンラインセミナーの一部をご紹介しています。
①実践編
・Inventor の特徴と便利な機能のご紹介
・Inventor で行う設計の自動化と効率化
・製造業向けコレクション Product Design & Manufacturing Collection との連携
講演:いわてデジタルエンジニア育成センター 3D CAD コンサルタント 小原 照記 氏

関連製品: AutoCAD Fusion 360 Inventor

2019.01.09

失敗しない3次元CAD選びのポイントとInventor を活用することで出来る作業の効率化【基礎編】

失敗しない3次元CAD選びのポイントとInventor を活用することで出来る作業の効率化【基礎編】

※こちらは2018年12月12日に開催したオンラインセミナーの動画です。
【第2回】機械設計 3 次元 CAD の INVENTOR で出来る!3次元 CAD アレルギー解消法【基礎編】
 ~失敗しない 3 次元 CAD 選びのポイントと Inventor を活用することで出来る作業の効率化~
本動画ではオンラインセミナーの一部をご紹介しています。
【基礎編】
・3 次元 CAD の PDCA サイクル
・失敗しないために知っておきたい6つのポイント(機能性、コスト性、操作性、他3つ)
・失敗事例から学ぶ 3 次元 CAD 導入成功法
講演:いわてデジタルエンジニア育成センター 3D CAD コンサルタント 小原 照記 氏

関連製品: AutoCAD Fusion 360 Inventor

2019.01.09

これからはじめる3次元CADの覚え方のコツ教えます【実践編】

これからはじめる3次元CADの覚え方のコツ教えます【実践編】

※こちらは2018年11月21日に開催したオンラインセミナーの動画です。

【第1回】機械設計 3 次元 CAD の INVENTOR で出来る!3次元 CAD アレルギー解消法
 ~これからはじめる 3 次元 CAD の 覚え方のコツ教えます~

本動画ではオンラインセミナー「実践編」の一部をご紹介しています。

➁実践編
・3次元CAD(Inventor)覚え方のコツ
 -Inventor の操作画面について
 -3次元モデルの作成方法について
 -3次元モデルのアセンブリと図面作成について
 -3次元モデルの活用方法について
・製造業向けコレクションProduct Design & Manufacturing Collection について

講演:いわてデジタルエンジニア育成センター 3D CAD コンサルタント 小原 照記 氏

関連製品: AutoCAD Fusion 360 Inventor

2018.12.11

これからはじめる3次元CADの覚え方のコツ教えます【基礎編】

これからはじめる3次元CADの覚え方のコツ教えます【基礎編】

※こちらは2018年11月21日に開催したオンラインセミナーの動画です。

【第1回】機械設計 3 次元 CAD の INVENTOR で出来る!3次元 CAD アレルギー解消法
 ~これからはじめる 3 次元 CAD の 覚え方のコツ教えます~

本動画ではオンラインセミナー「基礎編」の一部をご紹介しています。

①基礎編
・3次元CADを使いこなすために知っておくべきこと
 -2次元CADの設計基準と3次元CADの設計基準の違い
 -3次元CADで行う2次元設計について
 -3次元CADで行う2次元図面資産の活用
 -2次元設計と3次元設計の違いとメリットについて

講演:いわてデジタルエンジニア育成センター 3D CAD コンサルタント 小原 照記 氏

関連製品: AutoCAD Fusion 360 Inventor

2018.12.11

設計品質の向上

設計品質の向上

2次元設計と3次元設計を連携させることで、設計品質をどう向上させれば良いか説明しています。

関連製品: AutoCAD Fusion 360 Inventor

2018.11.23

3次元モデルの図面化

3次元モデルの図面化

3次元CADを部分活用する方法、3次元モデルの図面化について説明しています。

関連製品: AutoCAD Fusion 360 Inventor

2018.11.23

過去の資産の有効活用

過去の資産の有効活用

2次元図面などの過去の資産の有効活用など、2次元と3次元CAD との連携について説明しています。

関連製品: AutoCAD Fusion 360 Inventor

2018.11.22

No.41:モデルの曲げ

No.41:モデルの曲げ

カーブを使ったモデル形状の変更!
製品デザインのコンセプト段階において、モデル形状が既に出来上がっている状態で形状に修正をかけたい場合、皆さんはどうしていますか。
サーフェスモデリングツールの Alias では、“LatticeRig”と呼ばれる機能でモデル全体を格子状に分割し、必要なエリアを選択して形状を変更する方法がありました。
ここでは、Fusion 360 でカーブを使用してより柔軟に形状変更する方法をご紹介します。

関連製品: Fusion 360

2018.06.08

No.40:図面のマルチシート対応

No.40:図面のマルチシート対応

マルチシート図面のティップスをご紹介!
図面のマルチシート機能がアップデートされてからしばらく経ちますが、使ったことはありますか?
今回はマルチシート図面を利用する際の機能をご紹介します!
シートの追加、部品の表示・非表示、シートの順番、名前の変更、など基本的な操作を動画でご確認ください。

関連製品: Fusion 360

2018.06.01

No.39:カスタム環境をアタッチ

No.39:カスタム環境をアタッチ

「自分のモデルに合った環境を設定したいなぁ」
Quick Tips集であまり触れてこなかったレンダリングについて、“カスタム環境をアタッチ”についてご紹介します。
自分の設計したモデルをよりリアルに見せるための1つのポイントとして環境を適切なモノを使うことでリアル感がより増してきます。

関連製品: Fusion 360

2018.05.25

1 / 712345...Last »

製造に関する製品、セミナー、イベントの最新情報をSNSにて発信中!

TOP