Autodesk MFG Online

Home › ものづくりの未来

ものづくりの未来

The Future of Making Things ~ものづくりの未来~
【オートデスク ユーザー事例 2017】

2016.11.21

本事例集では、「ものづくりの未来」をテーマに示唆に富んだ企業をご紹介します。どの企業も先見の明を持って未来の課題に精力的に取り組んでおり、設計者の開発プロセスはどのように進化していくのか、設計思想をどう実現していくのか、Under Armour 社、Mercedes-Benz 社、株式会社チャレナジー、トヨタ自動車株式会社、株式会社日本設計など、各社の絶え間ない努力にご注目ください。各社の事例を本文でお楽しみください。

軽量化から他社CAD連携まで――
設計者の悩みをズバリ解決する「Autodesk Inventor 2017」

2016.10.19

“The Future of Making Things ~ものづくりの未来~”をメインテーマに掲げ、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS 2016)」に出展したオートデスク。競争力のある優れた製品開発を支援する「Autodesk Inventor 2017」の注目機能や“現場の生の声”を伝えるユーザー事例、そして、未来のものづくりの在り方をブース内メインステージで広く訴求。多くの来場者が足を止め、真剣なまなざしを送っていた。
この記事は、MONOistに2016年7月に掲載されたコンテンツを再構成したものです。

ものづくりの未来はこうなる!

2016.09.06

第27回設計・製造ソリューション展オートデスクブース(2016年6月22日~24日開催)にて、ものづくりの未来についてご説明したスペシャルセッションの動画です。
従来のプロセスから競争力のある製品を作り差別化することを可能にする、新しいものづくりのプロセスなど、「The Future of Making Things ~ものづくりの未来~」をわかりやすく、ご説明します。
また、オートデスクの研究機関であるAutodesk Research による最新のテクノロジーからこれまでにない設計、製造、運用が連携した未来を大胆予測します。

The Future of Making Things
~クラウドが変える。最新技術と事例からみるものづくりの未来 ~

2016.04.20

オートデスクはクラウドを活用したコラボレーティブ デザイン、次世代材料の設計・解析、従来の最適化形状設計の概念を覆すジェネレーティブ デザインなど、様々角度から「ものづくりの未来」に取り組んでいます。また航空機製造大手のエアバス社と共同開発を行うなど、新しいものづくり環境に対応する技術開発に注力しています。ITmedia 主催「製造現場での IoT 活用セミナー in 名古屋」(2016年4月12日開催)でご紹介したプレゼンテーション資料です。

The Future of Making Things
ものづくり環境が激変する今だからこそ知っておきたい未来への提案

2016.04.01

ものづくりを取り巻く環境の急速な変化、従来の差別化戦略の形骸化など、自らの環境やこれからのビジネスを危惧する声が日増しに高まっている。そうした中、オートデスクは「The Future of Making Things ―創造の未来―」というメッセージを掲げ、ものづくりの未来に向けた取り組みを推し進める。
この記事は、MONOistに2015年12月に掲載されたコンテンツを再構成したものです。

The Future of Making Things【導入事例】

2016.03.30

本事例集では、実に示唆に富んだ企業をご紹介します。各社の絶え間ない努力にもご注目ください。要求の高い基準を満たすべく、精力的な取り組みを続けている、各社の事例を本文でお楽しみください。

リキッド ラティス:軽量で耐荷重性に優れたエンジン ブロック

2016.03.30

このユーザ事例でお見せするのは、エンジン ブロックです。元は直方体のブロックで、内部には液体が流れるパイプが2 本あり、それらが合流した太いパイプが、元の方向に対して直角に外に通じています。

Autodesk Within Medical を使用して、
カスタム インプラント界で画期的な成果を達成

2016.03.26

CEIT Biomedical Engineering 社は、スロバキアの Technical University of Košice から生まれた CEIT(Central European Institute of Technology)の組織の 1 つとして設立されました。

アディティブ マニュファクチャリング
ソフトウェアを使用して、設計の可能性を広げる

2016.03.26

Daniel Fiz 氏は医学の学位を取得し、ものづくりへの情熱とともに、 1993 年にNovax DMA 社を設立しました。

頭蓋フラップ:頭蓋形成のための特注インプラント

2016.03.26

この頭蓋フラップのデザインは、EC(欧州連合委員会)が資金を提供した、Custom-IMD プロジェクトの成果によるものです。
ヨーロッパ 7ヵ国から 22 のパートナー企業が参加した、このプロジェクトの目的は、それぞれの患者に合わせた頭蓋骨、歯、背骨のインプラントをデザインおよび製造する、統合サプライ チェーンの実現です。