Autodesk MFG Online


INTERMOLD 2017 金型設計/製造現場の未来を変えるセミナー

本セミナーは終了いたしました。ご参加ありがとうございました。

5 月 25 日(木)に開催されたセミナーのストリーミング配信の録画ムービーです。ぜひご視聴ください。

※ムービーはセミナーの一部になります。ご了承ください。

ムービーはこちら

日 時:
5 月 25 日(木)13:00~17:00
会 場:
オートデスク株式会社 東京本社 セミナールーム(東京都中央区晴海 1-8-10 晴海アイランドトリトンスクエア X24)
参加費 :
無料(事前登録制)

金型のコストと時間を削減できないとお悩みの方は必見!

自動車、電機、半導体などの製造業など、ものづくりの現場で成形金型の製作前の段階から仕上げまで、機能と品質、生産性の早期確立、コストや納期への効果など、本セミナーでオートデスクのプロがお伝えします。

  • 成形品の品質を上げて修正工数を減らしたい
  • 樹脂成形品の強度解析精度がなかなか上がらない
  • 金型の高能率加工の方法をもっと知りたい

オートデスクの解析やCAM 製品を活用して、これらのお悩みや疑問を解決する方法をご紹介します。
会場は東京ですが、オンラインでも参加可能。会場からストリーミング配信します。もちろん、質疑応答もオンラインで OK です。

プログラム
13:00 – 13:05

ご挨拶

13:05 – 13:30

The Future of Making Things
~金型設計と製造現場の未来~

金型設計や製造現場の未来はどう変わっていくのか、オートデスクが考える未来、取り組みをご紹介します。生産性と収益を上げるために、製造現場がどうデジタル化していくのか、ご説明します。

セッション資料ダウンロード

13:30 – 14:15

Autodesk Moldflow2018 最新機能と開発動向

Moldflow の最新バージョン 2018.0 の新機能のご説明と直近の開発プロジェクト、中長期の開発テーマをご紹介します。

セッション資料ダウンロード

14:15 – 15:00

成形品のウェルドライン強度が評価可能なツール:Autodesk Helius PFA

Helius PFA は Moldflow Insight と汎用 FEAをつなぎ、樹脂成形品の強度解析精度を飛躍的に向上させるツールです。
これまでの、繊維配向、非線形材料物性、成形品の残留ひずみを考慮した構造解析に加え、最新バージョンでは、アセンブリモデル(複数の樹脂製品)の対応およびウェルドライン強度の考慮ができるようになりました。
本セッションでは解析事例を元に、Helius PFA の機能を紹介いたします。

15:00 – 15:15

休憩

15:15 – 15:45

積層造形が起こす金型の革命
~Autodesk Netfabb による効果的な金型の冷却~

本セッションでは、積層造形および 3D プリントにおけるコスト削減や効率の向上、パーツ性能の改善に必要なあらゆるソフトウェアをパッケージングしている、Netfabb の機能やケーススタディについてご紹介します。

セッション資料ダウンロード

15:45 – 16:30

最新の異形工具と PowerMill による5軸加工を利用した加工時間削減の提案

工具メーカーが提唱する最新の異形工具と、PowerMill の 5 軸機能の双方を有効活用した仕上げ加工の加工時間削減の方法について、解説します。また、具体的な削減方法についてご提案します。

16:30 – 17:00

Q & A