Autodesk MFG Online

Home › Fusion 360 Quick Tips 集

Fusion 360 Quick Tips 集

No.35:ジョイントからのモデリング

再生時間:1 分 1 秒  公開日:2018.04.20

1 つのファイル内で関連パーツを作成できる利便性!
今回は Fusion 360 でのモデリング方法の特徴でもある単一ファイル内での部品作成についてご紹介します。
“全体を貼り付け”機能と“ジョイント”機能、単一ファイル内での演算処理、非常に強力な機能を簡潔にまとめた作例です!

資料PDF(381 kb)

No.34:Sキー

再生時間:1 分  公開日:2018.04.13

作業効率を上げる Sキー!
Fusion 360 の操作性はこれまでの CAD と比較すると直感的で非常に使いやすい印象を持たれる方が多いのでは、と思います。
このシンプルな UI に慣れるまでに、「あの機能はどこにあるのかな?」とメニューバーから探したことがある人は必見。
“Sキー”で利用可能な“ツールボックス”をご紹介します!

資料PDF(359 kb)

No.33:オブジェクトスナップ

再生時間:59 秒  公開日:2018.04.06

スカルプトでの形状作成に役立つオブジェクトスナップ!
スカルプトではフリーフォームモデリングと呼ばれる自由局面を粘土をこねるような手法で形状作成を行えます。
これはアイデアを早くクリエイティブに作成するのに非常に有効ですが、もっと形状を制御したいという要望も聞かれます。
その回避策の1つとしてスケッチやジオメトリを利用して、形状を整える方法のご紹介です!

資料PDF(368 kb)

No.32:選択方法のトリック

再生時間:1 分 09 秒  公開日:2018.03.30

窓選択の方法で差をつけろ!
Fusion 360 の窓選択は選択する向きで異なる結果になるのはご存知でしょうか?
左から右に選択した場合と、右から左に選択した場合では、異なる選択結果になります。
今回の動画では、知っているとさらに便利なトリックを1つ紹介します!

資料PDF(340 kb)

No.31:自動的にスケッチを非表示

再生時間:53 秒  公開日:2018.03.23

スケッチの自動非表示は設定可能です!
Fusion 360 を使い始めて少し経つと気づくこと。
あるフィーチャーを実行すると、それに関連するスケッチが自動的に非表示になります。
慣れていない方は、“スケッチが消えちゃった!”と思われるかもしれません。
実はこの自動で非表示になる設定はユーザーによって捉え方が少し違うようです。
自動で消えてほしくない!という方は基本設定から設定変更が可能です!

資料PDF(372 kb)

No.30:ポストライブラリー

再生時間:41 秒  公開日:2018.03.16

ポストライブラリーがあります!
CAM のオペレーションが終わったら、次に工作機械を動かすための NCコードを出力する必要があります。
Fusion 360 にはあらかじめ 106 のポストが用意されていますが、もしその他のポストが必要な場合はどうなるのでしょうか?
そこで“ポストライブラリー”のご紹介です。

資料PDF(385 kb)

No.29:押出し:オブジェクトからオブジェクト

再生時間:42 秒  公開日:2018.03.09

知っているとお得、押出しオプション!
Quick Tips 集 27 で「スケッチ平面の再定義」をご紹介しました。
一度作成したスケッチを有効活用するための一例としてご紹介しましたが、あのケースでは、もう1つ対処法があります。
それが今回ご紹介する、“押出し:オブジェクトからオブジェクト”です。
動画をご覧いただければ使い方は一目瞭然です!ぜひご覧ください!

資料PDF(353 kb)

No.28:ビュー設定のヒント

再生時間:32 秒  公開日:2018.03.02

インポートモデルのビューの向きが違う!
そんなに頻繁に発生することではないと思いますが、知っているとイライラすることもなくサラリと対応できる機能のご紹介です。
インポートしたモデルを Fusion 360 で開いてみたらモデルの向きに違和感あり。
そんな時は焦らずにこの機能を使ってください。 ”現在のビュー次のように設定“ !

資料PDF(568 kb)

No.27:スケッチ平面を再定義

再生時間:1 分 05 秒  公開日:2018.02.23

時間をかけて描いたスケッチが全然違う平面にあった・・・!
あなたならどうしますか?そんな時に使えるのが “スケッチ平面を再定義” 機能です。
異なる平面に描いてしまったスケッチを他の平面に移動させることができます。

資料PDF(360 kb)

No.26:作成して続行

再生時間:55 秒  公開日:2018.02.16

使い始めは気づかないこの機能!
地味ですが知っていると便利なスケッチ機能の使い方をご紹介します。
スケッチで “線分” もしくは “スプライン” を利用する際に連続して作業を進める際のちょっとしたヒントです!
今回は実際に見て頂くのが早いので “作成して続行” 機能、ご覧ください!

資料PDF(349 kb)

1 / 41234