Autodesk MFG Online


オートデスク ブースのご案内 オートデスク@第 28 回 設計・製造ソリューション展(DMS)

オートデスクは 「第 28 回 設計・製造ソリューション展(DMS)」 に出展いたします。今年はものづくりを支える設計者に向けて、ものづくりを大きく変えるツール Fusion 360 と、優れた製品をつくる Inventor の 2 つを中心にご紹介します。これからの新しいものづくりのプロセスと事例もわかりやすくご説明いたします。Fusion 360 と Inventor のユーザートークショーも毎日開催予定です。
皆さまのご来場を社員一同、弊社ブースにてお待ちしております!

What’s New

2017. 06. 08
ユーザートークショーのご案内を掲載しました。
2017. 05. 18
イベントページ公開。オートデスクは今年も DMS に出展いたします。

設計・製造ソリューション展とは

日本最大の製造業向けITソリューション展
設計・製造ソリューション展(DMS)は、CAD、CAE、ERP、生産管理システムなどの製造業向けのITソリューションが一堂に出展する専門展です。毎年、製造業の設計・開発、製造・生産技術、情報システム部門のユーザーが多数来場されています。

※リードエグジビションジャパン株式会社が運営する同種の展示会との出展社数・面積での比較

ユーザートークショー

講演時間
13:25 – 13:45
15:25 – 15:45

Fusion 360で拡がるデザインツールとしての可能性

株式会社日南デザインディレクターの岡氏より、実際のプロジェクトや作例を通して、デザイナーと設計を繋ぐ製品開発プロセスについてご紹介いただきます。

株式会社日南
デザインディレクター
岡 広樹

講演時間
13:25 – 13:45
15:25 – 15:45

オールインワンで開発できる、最新3D CADプラットフォーム

今話題のIoTスマートロックロボット AKERUN Pro の開発について、株式会社フォトシンスの関谷氏に、全体の設計プロセスから、各パーツの設計工程まで、詳しくご説明いただきます。

株式会社フォトシンス
開発部 メカニカルデザイナー
関谷 達彦

講演時間
13:25 – 13:45

ものづくりの民主化とクラウドが変える製品開発

3D プリンティングやクラウドの技術が「ものづくり」を変え、小規模な企業や個人でもものづくりができる、そんな時代がやってきました。カブクが考える「ものづくりの民主化」についてご紹介するとともに、これからの製品開発やデザイナーの役割についてお話します。

株式会社カブク
インダストリアルデザイナー オープンイノベーション推進事業 事業責任者
横井 康秀

講演時間
15:25 – 15:45

設計環境と営業スタイルを大きく変革!
作業時間最大8割減、工数平均5割減を実現する方法

プロダクトデザインからビジュアライゼーション、プレゼンテーション、情報共有まで、「ものづくり」に必要なすべてを網羅した設計とエンジニアリングツールのパッケージ Product Design Collection を活用。苦労話も交えながら成功のポイントをさぐります。

株式会社日本製衡所
営業本部 営業企画課 課長
青木 賢史

オートデスクセッション

オートデスクスペシャルセッション

ものづくりの今、そして Fusion 360 でものづくりの未来も変わる

オートデスクはものづくりが大きな変革期にあると考えています。そんな中、既存のモノづくりプロセスを変えることは、どの企業にとってもチャレンジです。しかし、現在様々な業界のお客様がFusion 360の活用を始められています。本セッションでは特に導入効果の高かったお客様の事例とこれからのものづくりをご紹介いたします。

Fusion 360

ものづくりは変わった。ツールも変えよう

Fusion 360 は、3D CAD、CAM、シミュレーション、ビジュアライゼーションを 1 つにまとめたまったく新しい本格 3D ツールです。クラウド上のプラットフォームで製品開発プロセス全体を連携できます。

Inventor

つなげる Inventor ~次世代の 3 次元設計~

概要:設計データの有効活用や他部署との情報伝達で悩んでいませんか?
ものづくりの“つながり”を効率良く、かつ、正確に行うための情報をお伝えします。

オートデスクブースのご案内

来場をご希望の方へ

展示会招待券(無料)のお申し込みはこちら

昨年のオートデスクブース会場風景